Web Developers Antenna 〜ウェブ開発者アンテナ〜 [W'ANEB]

Web Developers Antennaでは、開発ノウハウ、便利ツール、Web運用に関する情報を蓄積していきます。

*

URL短縮、ショートURL、SHORTEN URLまとめ

      2015/10/27

スポンサードリンク

URL短縮、ショートURL、SHORTEN URLまとめ

Google、URL短縮サービス「goo.gl」

https://goo.gl/Check!

「goo.gl」の特長

goo.glは無料で、Googleアカウントがなくても利用できるが、gmailアカウントなどにログインすると、短縮したURLの履歴がわかるようになっている。いつ作ったかと「元のURL」と「ショートURL」がわかるので、管理に向いている。
また、クリック数などを閲覧することができるので、URLのマーケティングデータとしても利用できる。

Bitlyの短縮URLサービス「bit.ly」

https://bitly.com/

「Bitly」の特長

Bitlyは無料で利用できる「ショートURL」サービスです。Bitlyはログインしなくても作成した過去のURLが参照できてクリック数もカウントしてくれます。ログインすることで「短縮URLをカスタマイズ」「URLの利用状況(クリック数、リファラー、ロケーション、ロングURLのドメインのTwitter/Facebookシェア状況)」などいろいろなサービスを利用できるようになります。

URL短縮ツール「is.gd」

http://is.gd/

「is.gd」の特長

短縮URL「is.gd」。海外(uk)のサービスですが気軽に扱える「ショートURL」サービスです。

国産URL短縮サービス 「URX.NU」

http://urx.nu/

 「URX.NU」の特長

携帯とPCのアクセスを判断し適切なマップサイトへ誘導機能も 提供しており、メンテナンスURLを保存、作成した短縮URL、ショートURLへのアクセス回数の閲覧と短縮URL、ショートURLの削除などが可能。検索エンジン対策(SEO)に最適とされる301 Moved Permanentlyによる転送を採用。

 - 参考 ,