Web Developers Antenna 〜ウェブ開発者アンテナ〜 [W'ANEB]

Web Developers Antennaでは、開発ノウハウ、便利ツール、Web運用に関する情報を蓄積していきます。

*

サーバ証明書を無料で発行できるLet’s Encryptを利用しよう

      2015/09/09

スポンサードリンク

サーバ証明書を無料で発行できるLet’s Encryptを利用しよう

Let’s Encryptとは

Let’s Encryptは米Electronic Frontier Foundation(EFF)、Mozilla、Cisco Systems、Akamai Technologies、IdenTrust、ミシガン大学の研究者が参加する公益法人「Internet Security Research Group(ISRG)」が運営する。

Let’s Encryptは、ドメインの所有者がコストをかけずにDV(Domain Validation)レベルの証明書を取得でき、さらに、証明書の発行やインストール、更新などのプロセスを自動化する。
自動発行や更新のプロトコルはオープンスタンダードとし、ソフトウェアも可能な限りオープンソースにする。

どんなケースで利用できるの?

Let’s Encryptは認証のレベルが低レベルに位置するサービスになると思いますので、「通信を単に暗号化したい」「有償でOV証明書、EV証明書を取得するほどではない」場合に利用できます。
Googleもhttpsを推奨していることから、個人のブログやサイトで「インターネットにおける個人のセキュリティとプライバシーは必須のものであり、オプションとして扱われるべきではありません」という原則にそって、インターネットの安全性を高めるツールになるのではないでしょうか。

インストール

2015/09/14に一般に公開される予定ですので、
その頃にインストール等を実施してレポートします。

サイトはこちら https://letsencrypt.org/

追伸:公開が伸びてるみたいですね。。
トップページで Arriving Q4 2015 となっていました。

  • First certificate: Week of September 7, 2015
  • General availability: Week of November 16, 2015

11月にまた確認します。公開されているようでしたら試してみます。

 - 暗号化 ,